• 相続放棄を申請する場合の手続きの仕方

    • 被相続人が多額の借金の連帯保証人になっていた場合、相続人がその債務を引き継ぐことになってしまいます。

      遺産が価値のあるものばかりならいいものの、売り手がなかなかつかずに維持と管理の費用の方がかかるという土地や不動産も時にはあります。

      そういった場合は、相続放棄をした方が遺族の負担が減ることになるのです。

      相続放棄を届け出る場合、手続きは自分たちで行う場合とそれから法律事務所の手続き代行サービスを利用する場合などに分かれます。
      自分で戸籍謄本や住民票除票などを用意したり、相続放棄申述書などに記入して、家庭裁判所に届けます。



      申述書などの書き方がわからない、不安である場合や、被相続人が自分たちの居住地から遠くに住んでいるので、書類の収集や家庭裁判所への届け出が負担である場合は、法律事務所などの手続き代行サービスにサポートしてもらうとスムーズにことが進みます。料金は格安で請け負ってくれるところも見つかりますし、相談自体は無料です。

      @niftyニュースに関する情報を紹介するサイトです。

      届け出に必要な書類の収集と、申述書の作成などを行ってくれます。



      戸籍謄本の情報から相続人になる人を把握したり、相続することになる遺産の実態について把握することもできます。
      届け出を行うと、家庭裁判所から照会状が送られてきますが、この書類への記入の仕方も、代行サービスがサポートしてくれます。


      照会状の内容に不備がなければ、一週間くらいで相続放棄を受理した通知書が届きます。

      これで一連の流れは終了です。


  • 法律の秘密

    • 相続放棄とその手続きについて

      被相続人の遺産を受け継ぐことを相続と言いますが、相続する権利を放棄して何も受け継がない事を相続放棄と言います。相続放棄は様々なケースで行われますが、大きく分けると被相続人に多額の借金があったり、債務の保証人となっている場合などに行う自分の財産を守る為の放棄と、相続による親族間のトラブルの回避や節税をする為の放棄の2種類があります。...

  • 知りたい法律事情

    • 相続したくないなら相続放棄の手続きを

      相続は人間が死亡したときに、おこってきます。戦前の法律では隠居という制度があって、人間が隠居してしまうと相続が起こってきましたが、現在の法律ではこの制度は廃止されていますので、生前にその人についての相続はおこることはありません。...

  • 読めば解る・法律の話

    • 相続放棄の手続き方法について

      親族の死などで相続が発生し、その遺産を受け取りたくない場合は、相続放棄の手続きをする必要があります。手続きは、相続について知ってから3ヶ月以内に行わなければいけないので、知った直後から相続放棄に向けて早めに動き出すと良いでしょう。...

    • 相続放棄の手続きを自分で行う際の注意点

      故人が誰かの保証人になっていたり、借金が残っていたり、残された財産に資産価値がなかったりと、相続放棄をする理由は人によって様々ですが、そのための手続きを弁護士になどの専門家に依頼するのではなく自分で行う際にはいくつかの注意点があります。まず絶対に忘れてはいけない注意点が、相続放棄の手続きができる期限についてです。...